事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~ 6話(最終話)あらすじの完全ネタバレ

投稿日:

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

 

 

エロ漫画「事故物件×留学生-四畳半の不可思議な情事」の第6話(最終回)、いよいよ最終話の紹介です。

 

 

くり返しになりますが、主人公は留学生のサーニャ、金髪のかわいい女の子です。

 

 

彼女が住む事故物件のアパートには幽霊が出ます。

 

 

で、今や、サーニャはその幽霊と、謎の男に、3Pで犯されている真っ最中です。

 

 

男はサーニャの後ろから、彼女の腕を取り、

 

 

ぱちゅッぱちゅッぱちゅッたんッたんッ。

 

 

激しくバックで突いています。

 

 

その一方で、サーニャは幽霊の透明チンポをくわえこみ、れろれろれろ、と舐めまくっています。

 

 

幽霊のチンポがビクビクしてきました。

 

 

どうやら出そうな様子です。

 

「受け止めてあげるよ。ほらほらッ、出しちゃえッ」

 

サーニャが言ったとたん。

 

 

びゅるるッ。

 

 

勢いよく飛び出した白濁液が、サーニャのかわいらしい顔にぶちまけられました。

 

 

サーニャは嫌がるどころか、

 

 

「あんッ。出たぁ、濃いぃ。ぁッは……おいしい……」

 

とろんと、恍惚の目つきです。

 

 

一方で、バックで突き続ける男のほうも、どうやら放出は間近の様子です。

 

 

ずんずんずんッ。

 

 

男がラストスパートをかけると、サーニャがもだえます。

 

 

「あッ、あッ、あッ、あッ、あッ、はッ、激しいッ」

 

 

そしてついに男のザーメンが、ドッビューーッ、とサーニャの子宮にまで達したのでした。

 

 

「ああッ、熱いぃッ」

 

 

ビクンと体を跳ねさせるサーニャ。

 

 

でも、これで終わったわけではありません。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

 

 

その後も体位を変え、何度も、何度も、幽霊と男に、ザーメンをかけまくられるのでした。

 

 

……さて、そんなことが毎日のように続いたある日のこと。

 

 

アパートを紹介した不動産屋さんが、サーニャのもとを訪ねてきました。

 

「お久しぶりです。紹介したのが事故物件でしたのでね、心配してたんです。なにか変わったことはありませんでしたか?」

 

 

「ええ、別になにもないですヨ! 快適です!」

 

 

「それはよかった。では、継続して契約、ということで?」

 

 

「はい! とっても気に入っったので、できるだけ長く住みたいでス」

 

 

と、明るく答えるサーニャでしたが、実はオマンコを丸出しにして、背後から幽霊に犯されているのでした。

 

 

そして、幽霊の強烈な突きに、思わず、

 

「んんッ」

 

ビクンと反応してしまうのでした。

 

「どうしました?」

 

「いえッ、なんでもないですッ! 良い物件を紹介してくださって、ありがとうございましタ!」

 

 

不動産屋さんはちょっと怪訝な顔をしましたが、さして疑う様子もなく、サーニャの部屋から去っていきました。

 

 

そうして……。

 

 

締まったドアの向こうから、また、淫靡なサーニャのあえぎ声が、せつせつと漏れてくるのでした……。

 

 

以上でおしまいです。

 

 

気に入ったかたは、ぜひ漫画本編のほうを読んでみてね!

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

-ネタバレ考察

Copyright© 事故物件×留学生-四畳半の不可思議な情事- ネタバレ&無料試し読み , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.