日に焼けるまで第4話ネタバレ

投稿日:

 

 

『日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟』をネタバレします!

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 



 

 

あらすじネタバレ

 

 

達磨さん転んだ、と、チンジャオ娘による「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟」の第4話を紹介します。

タケルが涼音のなかで射精したあとも、チ●コは入ったままで、ピクピクしています。

 

タケルはそのまま涼音にキスを求めてきました。

 

(あたし、初めてだったのに……でも、これ、おち●ちん入れられながらキスされるのって……頭、ぼうっとして、ダメ、なにも考えられないよぉ……)

 

涼音は快楽に身をまかせ、タケルに求められるまま、れろれろと舌と舌をからめました。

 

たっぷりとベロチューをくり返してから、タケルが言います。

 

「すず姉、おれ、もっとヤリたい……いいよな?」

「……う……ん……」

 

ためらいがちにでも涼音が承諾すると、タケルは再度腰を振り始めるのでした。

 

「わあ、すごい。また始めちゃった。エッチって、そんな気持ちいいんかね……」

 

そんなことをつぶやいているのは、愛美です。

 

つぶやきながら、その指は、自分のアソコをクチュクチュといじっているではありませんか。

 

そのうち自分で慰めきれなくなってきて、

 

「ねえ、ヒロくん、ウチたちも……しよ?」

と、ヒロトを誘うのでした。

 

パンティを自分で脱ぎ、ヒロトの布団に仰向けになり、両脚を開きます。

 

アソコはぐっしょりと濡れています。

 

ヒロトは自分のチ●コを持って、膣に挿入しようとしたのですが……。

 

「あれ……入らない? なんで?」

 

初めてのことで、ちょっとあせっています。

 

「もうちょっと下んとこ……あせらんでもええよ、ヒロくん」

 

年上の従妹にやさしく導かれて、チ●コの先端が入りました。

 

「いいよ……そのまま、奥まで……」

 

ヒロトがゆっくりと腰を進めると途中で、プチッ、づぷん、と何かがやぶれたような感触があり、その後は一気に奥まで進んでしまいました。

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 



 

「すごい……ヒロくんの大きいのが全部ウチの中にはいっちゃったね……」

「ごめん……まな姉も初めてなのに……」

「ううん、大丈夫。ぜんぜん……痛くなかったよ。だから、もっと思いっきりしていいよ?」

 

愛美に言われて、ヒロトは猛然と腰を動かしはじめます。

 

チ●コと濡れた膣壁がこすれて、ちゅぼちゅぼ、といやらしい音がします。

「あんっ、すごっ……すごいよぉ……これがエッチなんだ……あぁん!」

 

愛美の口からはそんなあえぎ声。

 

ヒロトが愛美のオッパイに吸いつくと、

 

「すごい! オッパイ吸われながら、奥、ぐちゅぐちゅされて……頭の中、溶けちゃいそやよぉ、ヒロくぅん……」

 

愛美はさらにもだえます。

 

愛美の膣壁はうねうねとうねって、ヒロトのチ●コにからみつきます。

 

「ああっ、出そう……」

「ええよ……来て、ヒロくん、ウチの中に……」

 

愛美にそう言われたとたん、限界に達したヒロトは、ドピュドピュ、と射精したのでした。

 

やがて最後の一滴まで出しきったヒロトがチ●コを抜くと、

 

「ヒロくん、気持ちよかったね、エッチって……フフ……涼音ちゃんたちも、まだしてることだし……ウチたちも、もっとしよっか?」

 

エッチの気持ちよさを知った愛美が、笑みを浮かべながらヒロトを誘ってくるのでした。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 



-ネタバレ考察

Copyright© 日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜ネタバレ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.