手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので3話ネタバレ解説

投稿日:



 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので2話ネタバレ解説

 



父親は娘をバックにし、後ろから激しく犯し続けながら、父親はこれまで手塩にかけて育てたの、こうやって自分の性欲を満たすためのおもちゃにするためだと発言するのです。

 

かわいい自慢の娘と血が繋がっていない、これまで育ててきたのは何のためだったのかと落胆し、その悲しみを娘を犯すことで発散しようとする父親。その怒りは娘だけではなく妻にも向けられており、母親にある日突然妊娠したと告げられて疑うことなく結婚したこと、そして母親はセックスが好きだったとことなど娘の聞きたくない言葉を投げ掛けながらなけながら犯す父だったのです。

 

処女だった娘は敏感に感じるようにもなっており、それに反応するように父親は娘の中に精子を注ぎ込むのでした。

 

しかし、それでも満足することができない父親は、娘を横向きにしてまたしてもおかし続けます。

 

 

スポーツで鍛えているムチムチの娘の体を堪能する父親は娘にピストンを繰り返しながらクリトリスを弄り、ビクビクと反応を見せる娘に対してお母さんもセックスしながら触られるのを好んだ、性感帯はしっかりと遺伝するんだなと感心するのです。

 

測位状態でピストンを繰り返した父親は、またしても娘の中に精子をぶちまけてしまいます。

 

父親のものをお腹一杯に受け止めた娘はただただ泣きじゃくり、それを見た父親はようやく冷静になることができ、自分のしてしまったことをようやく理解し、泣いている娘と妻に向けて手紙を書いて家を出るのでした。

 

しかし、すぐにさっきまで犯していた娘が駆け寄ってきます。

 

娘は父親が警察に出頭しようとしていることを悟っていたのです。

 

そして、警察には行かないで欲しいと呼びかけるのでした。本当の父親ではなくても、悲しみから襲ってしまったとしても娘にとっての父親は主人公だけなのです。

 

娘は父親にされたことを怒っていないと告げ、なかったことにすると語りかけるのです。

 

そして、一緒に暮らしたいと引き留めるのでした。

 



-ネタバレ考察

Copyright© 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでネタバレ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.