手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので2話ネタバレ解説

投稿日:



手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので1話ネタバレ解説



理性を失ったお父さんは陽葵の秘密の場所を見たいと思い、下着へと手を伸ばすのです。

 

日の目を見ない秘密の場所を見るために下着を脱がせようとするものの、陽葵は必死に抵抗をします。しかし、父親は下着を脱がせるのは赤ちゃんのとき以来だと興奮し、やめるはずがありません。

 

数年前に脱がせたときの状態とは異なる秘密の場所。そこからはモワンと漂う女の匂いを放っていたのです。

 

その匂いを嗅いだ父親の陽葵に対してのムラムラは止まるはずもありません。

 

毛の生えた性器に大人の女に育ったことを確認すると、膣の中に指を入れて弄び始めるのでした。

 

二つの穴を行き来すると陽葵は堪えきれずに喘ぎ声を漏らしてしまいます。

 

抵抗しながらもしっかりと感じることが出来ている陽葵に父は我慢することができなくなり、その声を合図にしたように父親は娘に挿入すると宣言するのでした。

 

父親に最後まで犯されてしまうと悟った陽葵はますます抵抗を強め、こんなことお父さんはしない!と必死にやめてもらうように叫ぶのですが、父親はそんな抵抗に怯むこともなく、準備万端になっている娘の膣に自分のものを押し込むのです。

 

まだ全てが入りきっていない状態ですでに痛い!と何度も叫ぶ陽葵に対して非道にも出し入れを繰り返す父。

 

娘との血の繋がりないと知った父親の目に映る陽葵は昨日までの陽葵ではありません。

 

今の陽葵は男を悦ばせることが出来る女であり、性欲を満たすための道具、そして最高にエロい体を持っていることに気がついてしまったのです。

 

これまで感じなかったエロさを娘に感じて挿入しないわけにはいかないのです。

 

娘の痛い!と泣き出す声も届かないとでも言うように、夢中でピストンを繰り返す父親はそのまま娘の中に精子を注ぎ込んでしまうのです。

 

これで終わりだと思われたものの、勢いに任せて娘に中だしまでしてしまった父親は、一度の絶頂では満足することができず、更に娘を手にかけることになるのです。

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので3話ネタバレ解説

 



-ネタバレ考察

Copyright© 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでネタバレ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.